下 町文京区
indexにもどる

安田講堂〜三四郎池〜

文京区本郷に東京大学本郷キャンパスがある。


本郷キャンパスに安田講堂がある。


後ろに見える建物は理学部1号館。

安田財閥の創始者安田善次郎の寄付により建設されたそうだ。

大正10年(1921年)、起工。

大正12年(1923年)、関東大震災により工事中断。

大正14年(1925年)7月6日、竣工。

東京大空襲による被害から免れ、東京都の登録有形文化財第1号である。

木陰から見る安田講堂


木陰に三四郎池がある。

三四郎池(育徳園)

 加賀藩主前田氏が、現在の赤門から池にかけての一帯の地を将軍家から賜ったのは、大阪の役後のこと。 園池を大築造したのは寛永15年(1638年)、豪宕で風雅を好んだという当主前田利常のときである。彼の死後、綱紀がさらに補修をして、当時江戸諸侯邸の庭園中第一と称せられた。育徳園と命名され、園内に八景、八境の勝があって、その泉水・築山・小亭等は数奇をきわめたものだといわれている。池の形が「心」という字をかたどっており、この池の正式名称は「育徳園心字池」なのだが、夏目漱石の「三四郎」以来、三四郎池と親しまれている。

三四郎池


 横に照りつける日を半分背中に受けて、三四郎は左の森の中へはいった。その森も同じ夕日を半分背中に受けている。黒ずんだ青い葉と葉のあいだは染めたように赤い。太い欅の幹で日暮らしが鳴いている。三四郎は池のそばへ来てしゃがんだ。

『三四郎』(二)

下 町文京区に戻る