2008年埼 玉

ふるさとの散歩道〜本町5児童公園〜
indexにもどる

「中山道間の宿」の碑から元荒川沿いの吹上本町5児童公園へ。


喬駟の句碑があった。


水底の照る見る空か天の川

喬駟は中山道間の宿の「本陣」林家の当主。

 鴻巣の横田柳几に師事して俳諧を学ぶ。後に鳥酔白雄長翠などと親交を結んでいる。

芳石の句碑もあった。


明星の水田にさすや鴫の声

芳石は本名三井元輔。旧北新宿村の医師。常世田長翠に俳諧を学ぶ。

寛政6年(1794年)から8年間、長翠は本庄の戸谷家に逗留していた。

文久2年(1862年)、没。

北新宿の永昌寺に墓がある。

元荒川沿いを歩くと、JR高崎線の鉄橋がある。


鉄橋の手前に里恵の歌碑があった。


幾とせもかはらぬ松の色そへて

   古々路のままにおくる月かげ

三上里恵は所沢の女流俳人。雪中庵三世大島蓼太に師事。

天保4年(1833年)、榎戸村の玉芝(横田氏宣)を訪ねた折に詠まれた歌。

81歳の時である。

俳諧だけでなく和歌もよくした人であったようだ。

JR高崎線の鉄橋を過ぎて、元荒川沿いを歩く。


榎戸堰公園に文玉の句碑があった。


鵜遣いの年に不足はなかりけり

文玉は榎戸村の眼医者横田邦厖。常世田長翠の指導を受けている。

天保10年(1839年)8月、文玉は64歳で没。

息子の氏宣も俳人で、俳号は玉芝。

玉芝の句碑が荒川パノラマ公園にあるそうだ。

今日は歩き疲れたので、荒川パノラマ公園は後日。

2008年埼 玉〜に戻る