虚子の句碑

戻り來て瀬戸の夏海繪の如し



今治市小浦町の高台に糸島公園がある。

 昭和11年(1936年)6月11日、高浜虚子はヨーロッパ外遊から帰国途中「箱根丸」で松山沖から来島海峡を通る。

糸山展望台下の駐車場に大きな高浜虚子の句碑があった。



   渡佛日記の一節
昭和十一年六月十一日(木曜)
朝六時床を出て甲板に出て見ると丁度
郷里の海岸を通つて居るらしい島山のたゝ
ずまひであつた(中略)そこへ同郷人の瀬
川君も起きて来て互に指し示しつゝ語つた
かねて私の郷里の山川に接したいと云つて居
つた楠窓君も呼んで共に見た今更ながら瀬
戸内海の景色の和らかく繪のやうなのに見入つた

戻り来て瀬戸の夏海繪の如し

来島の瀬戸に来るまで甲板に佇んで居て
少し朝飯が遅れた

昭和26年(1951年)6月、国鉄今治駅前に建立。

昭和47年(1972年)2月、現在地に移転。

平成11年(1999年)、しまなみ海道開通。

 今治駅前、ロータリーの一角にはすばらしい一基の虚子翁碑が横って居る。高さ五尺、幅十尺、自然石の野面を磨いて縦三尺五寸、横四尺五寸の角切額縁輪廓をつけ、次の一章を刻む。昭和二十六年九月二十一日序幕、同地虚子翁句碑建設協賛会の建設になる。

(中 略)

周知の如く虚子翁は昭和十一年二月十六日、郵船箱根丸で、当時パリー遊学中の次男池内友次郎を訪ね旁々単身渡佛され、ドイツ、イギリスをも巡遊して同年六月十五日帰国された。帰来「渡佛日記」の著があった。文中楠窓君とあるのは、その時の箱根丸事務長上ノ畑楠窓のことである。


糸山展望台へ。


平山郁夫画伯
しまなみ海道五十三次スケッチポイント


来島第一、第二、第三大橋 糸島公園より

来島海峡展望館へ。

虚子の句碑に戻る