芭蕉の句碑

『奥の細道』北 陸


月に名を包みかねてやいもの神

尼御前SAから北陸自動車道を上り、南条SAに車を停める。


南条SAにも芭蕉の句碑があった。


月に名を包みかねてやいもの神

この句は『奥の細道』にはない。

出典は『ひるねの種』。

 元禄2年(1689年)初夏、松尾芭蕉は門弟の曽良を伴って江戸深川をたち、奥州、北陸の旅に出ました。秋、大垣にたどりつくまで約5ヶ月、旅程600里(2,400キロメートル)に近い大旅行の紀行が「奥の細道」であります。

 当時の長期間を要したその旅程は、いまでは東北、北陸自動車道、名神高速道路で結ばれ、多くの皆様に車による快適な旅行を楽しんでいただいており、まさに隔世の感があります。

 この句は、その旅もやがて終りに近づき越前福井から敦賀に向かう途中、湯尾峠(現在の北陸自動車道今庄インターチェンジ附近)にさしかかったおり、茶屋の軒下にぶら下がる疱瘡よけのまじないの杓子(いもの神)が、おりからの月明かりに照らされて浮かび上がったのを見て、その姿をユーモラスに詠んだ句と言われております。今、芭蕉の奥州、北陸の旅から300年を迎えることとなりますが、くしくも今夏北陸自動車道が全通いたします。

 これを記念し、芭蕉のゆかりの湯尾峠に近いここ南条サービスエリアに句碑を建立するものです。

   昭和63年3月吉日

日本道路公団

南条SA(下り)には「あすの月雨占なはんひなが嶽」の句碑がある。

今庄総合事務所へ。

『奥の細道』北 陸〜に戻る