虚子句碑


汀子句碑

 昭和6年(1931年)1月8日、稲畑汀子は横浜に生まれる。祖父高浜虚子、父高浜年尾に俳句を学ぶ。

 昭和27年(1952年)11月17日、高浜虚子は九州旅行の帰途、宝塚会館で句会。

十一月十七日 宝塚会館 昨夜芦屋、年尾居泊り

 草枯に歩きをる人立ち止る人

 草枯に真赤な汀子なりしかな

 草枯に我を見彼女つと去りし


 昭和28年(1953年)、高浜年尾・稲畑汀子は阿寒湖へ。

 昭和30年(1955年)5月24日、虚子は須磨の句碑を見ている。汀子同行。

 昭和31年(1956年)、稲畑順三と結婚。

   結婚して稲畑汀子となる

山荘の月見草恋ふ心あり

『汀子句集』

 昭和32年(1957年)5月20日、稲畑廣太郎が生まれる。

 昭和48年(1973年)、稲畑汀子は布引の滝を訪れている。

 昭和51年(1976年)1月、『汀子句集』刊行。

 昭和54年(1979年)10月26日、年尾は78歳で死去。ホトトギス主宰を継承。

父の死に秋冷ゆる夜となりにけり

『汀子第二句集』

 昭和54年(1979年)7月28日、「祖谷」同人誌友は高浜年尾・美馬風史の阿波踊り師弟句碑建立。稲畑汀子は除幕式に出席。

 昭和55年(1980年)4月、芦屋市の月若公園で虚子親子三代の句碑除幕式。

 昭和55年(1980年)6月15日、第22回北海道ホトトギス俳句大会。高浜虚子「師弟句」碑除幕。

 昭和55年(1980年)、夫順三死去。

露の世の未亡人とは淋しき名

『汀子第二句集』

 昭和56年(1981年)9月、『星月夜』刊行。

 昭和60年(1985年)、『汀子第二句集』刊行。

 平成7年(1995年)2月19日、土佐国分寺に年尾の句碑建立。

 令和元年(2019年)9月20日、「俳句を愛するならば」刊。



なつかしやここに縁のつるでまり

出羽三山神社(山形県鶴岡市)



よべ星と語りし秋を惜み発つ

善光寺(長野県長野市)



朧夜の町かどに聞く美濃仁輪加

小倉公園(岐阜県美濃市)



萬丈の杉の深さや五月闇

高野山奥の院(和歌山県伊都郡高野町)



涼しさを戀へば風来る高さあり

最上稲荷(岡山県岡山市)



風少しあり梅の香を運ぶほど

善通寺西院(香川県善通寺市)



晴れてゆく早さに梅の匂い立つ

土佐国分寺(高知県南国市)



あたゝかき旅の出逢ひとなりしこと

佛心寺(福岡県太宰府市)



空といふ自由鶴舞ひやまざるは

鶴観察センター(鹿児島県出水市)

高浜虚子・年尾・立子・汀子の句碑


大浪に静かな寺や夏炉守る
   立子
冬海や一隻の舟難航す
   虚子
夏炉守り寺守り雨の一日寒
   年尾
この浜に立ちし虚子あり蝦夷の夏
   汀子

真證寺(北海道白老郡白老町)

高浜虚子・年尾・汀子の句碑


咲きみちてこぼれる花も無かりけり
   虚子

六甲の端山に遊び春隣
   年尾

日に慣れし花の明るさつづきをり
   汀子

月若公園(兵庫県芦屋市)

高浜虚子・年尾・汀子の句碑



野遊の心足らへり雲とあり
   年尾

白牡丹といふといへども紅ほのか
   虚子

空といふ自由鶴舞ひやまざるは
   汀子

国清禅寺(兵庫県南あわじ市)

高浜虚子・年尾・汀子の句碑


天地の間(あわい)にほろと時雨かな
   虚子

行秋の八代日和蝶多し
   年男

一本の紅葉に染まりゆくわれか
   汀子

春光寺(熊本県八代市)

高浜年尾・稲畑汀子の句碑


櫓田の実入り吹かれてゐることも
 年尾

梅雨晴れてそこに心のある如く
 汀子

光源寺(新潟県上越市)

高浜年尾・稲畑汀子の句碑


温泉の宿の朝日の軒の照紅葉
   年尾

梅の宿偲ぶ心のある限り
   汀子

マークスシティ二日市(福岡県筑紫野市)

高浜年尾・稲畑汀子の句碑


冬は憂しといひし七尾の花に来し
   年尾

帰る気になかなかならず山車に従き
   汀子

稲畑廣太郎の句碑


星の綺羅露を宿してをりにけり

小丸山城址(石川県七尾市)

高浜年尾・稲畑汀子・稲畑廣太郎の句碑


秋風や竹林一幹より動く
   年尾

水音のかすかにありて涼しさよ
   汀子

囀に囀重ね神の杜
   廣太郎

吉備津彦神社(岡山県岡山市)

稲畑廣太郎の句碑


星の綺羅露を宿してをりにけり

松尾寺(香川県仲多度郡琴平町)

虚子句碑に戻る