2013年兵 庫

西宮神社〜芭蕉と鬼貫の句碑〜
indexにもどる

西宮市社家町の国道43号沿いに西宮神社(HP)がある。


南 門


西宮神社由緒

 えびす様の総本社である西宮神社は、西宮のほぼ中央に鎮座し、平安時代末期には既に高倉上皇の御奉幣をはじめ、皇族神祇伯の参拝が著しく、社勢は極めて盛大であった。特に中世以後福の神と崇める信仰が盛んとなり、傀儡師の活動や謡曲や狂言を通じて愈々御神徳が拡まっていった。とりわけ徳川時代以後商業の発展に伴い、海上守護神・商賣繁盛の神として普く御神徳が発揚し、今日では全国津々浦々にわたって多くの人々の崇敬を受けている。

南門を入ると右手に芭蕉の句碑があった。


扇にて酒くむかげやちる桜

出典は『笈の小文』

貞享5年(1688年)、吉野で詠まれた句。

平成5年(1993年)、芭蕉翁三百回忌を記念して西宮俳句協会建立。

表大門近くの松林に芭蕉と鬼貫の句碑があった。


はるもやゝけしきとゝのふ月の梅
   はせを

にょつぽりと秋の空なる富士の山
   おにつら

芭蕉の句の出典は『薦獅子集』(巴水編)。

 元禄6年(1693年)1月20日、深川芭蕉庵から大垣の木因に宛てた書簡にある。

 貞享3年(1686年)、鬼貫は仕官のため江戸へ下る。親友の鸞動(らんどう)から「一緒したいが、病気のため行けない。はっきりと富士の姿を見て知らせてほしい」と頼まれたが、鸞動は鬼貫の帰りを待たずに没した。伊丹の墨染寺にある塚の前で報告したのが、この句。

天保14年(1843年)、芭蕉百五十年忌に伊丹の照顏齋曲阜建立。

碑陰に17名の俳人の句が刻まれていたが、よく読めなかった。

『諸国翁墳記』に「西宮太神宮境内奉納二見形石碑之縮圖」がある。

 明和8年(1771年)4月13日、蝶夢は難波を船出。西宮神社に参詣している。

 十三日といふ暁に、浪華江を漕いでゝ大物(だいもの)の浦に着く。これよりぞ旅の心にはなりけり。雨のふりいでければ、にしの宮の前に草枕をむすぶ。此神に首途をほのめかし奉るとて、

   たびごろも足たゝぬ神もうらやまん


 文化元年(1804年)8月18日、太田南畝は小倉に赴く途中で西宮神社を参拝している。

西宮太神宮は宿はづれにあり。石の鳥居の前に駕籠たてゝかちよりあゆみ、西宮の神前にぬかづく。宮居はよろしけれど人げなく神さびたり。

『革令紀行』

西宮神社社殿


三連春日造という特異な構造。

昭和20年(1945年)8月6日、空襲のため焼失。

昭和36年(1961年)、復元。

2013年兵 庫〜に戻る