2019年福 岡

隣船寺〜種田山頭火の句碑〜
indexにもどる

宗像大社から神湊(こうのみなと)の隣船寺まで歩く。

昭和7年(1932年)1月6日、種田山頭火は隣船寺の宗俊和尚を訪れている。

水といつしよに歩いてゐさへすれば、おのづから神湊へ出た、俊和尚を訪ねる、不在、奥さんもお留守、それでもあがりこんで女中さん相手に話してゐるうちに奥さんだけは帰つて来られた、遠慮なく泊る。


隣船寺山門


山門を入ると、種田山頭火の句碑があった。


松はみな枝垂れて南無観世音

 自由律俳句「層雲」の同人で、全国を行脚しながら独特のすぐれた作品を世に出した、漂泊の俳人種田山頭火(1882〜1940)と深い親交のあった当寺第十六世田代宗俊和尚が、昭和8年の秋に全国で最初に建立し、山頭火自身が、この句碑の為に揮毫した唯一の生前句碑である。

 山頭火がこの寺を訪れた当時の境内には「潜龍松」と呼ばれる老松が四方に枝をのばしていた。

 向かい側には今も地元の人々に信仰の篤い観音堂があり、山頭火の出家の地でもある味取観音での句が選ばれた。文字の彫刻は、地元の石工によるものだが、非常によく筆跡を表しており、又碑石は、不用になった墓石の裏面を生かして使われた事など、いかにも山頭火にふさわしい句碑として広く親しまれている。

 昭和15年(1940年)5月31日、八幡の鏡子居から神湊の隣船寺へ。

午後出立、黒崎まで電車、そこから汽車で赤間まで、さらにそこからバスで神湊へ、隣船寺拝登、俊和尚と握手して、しばらくしばらく。

前の宿屋に案内されてもてなされる、すまないと思ひつゝも食べた食べた、飲んだ飲んだ、おいしかつたおいしかつた。

ならんで寝床にはいつたが、私だけはいつまでもねむれなかつた。

『松山日記』

 昭和15年(1940年)10月11日、山頭火は松山の一草庵で死去。

 昭和16年(1941年)3月21日、一草庵に山頭火2番目の句碑が建てられた。

「追憶山頭火老 宗俊和尚偈」の碑があった。


其中一人守清貧
無辺風光蔵家珍
随縁安住山頭火
瓢乎深艸終入眞

呑海山隣船寺


臨済宗大徳寺派の寺である。

隣船寺の門前に「魚屋旅館」がある。


伊能忠敬宿泊跡」である。

 「魚屋旅館」の中庭に種田山頭火「晴れるほどにくもるほどに波のたわむれ」の句碑があるはずだが、「魚屋旅館」は廃業。

JR鹿児島本線「東郷駅」


小倉へ。

2019年福 岡に戻る