2019年福 岡

関門汽船〜JR門司港駅〜
indexにもどる

 下関(唐戸ターミナル)から「がんりう」トライアングルフリーパスで門司港(マリンゲートもじ)へ。

関門大橋が見える。


関門汽船「がんりう」


平成31年(2019年)3月10日、JR門司港駅グランドOPEN。

JR門司港駅


和布刈(めかり)神事像


 古くは「李部王記」の中で和銅3年(710年)に和布刈神事で採集したわかめを朝廷に献上した記述が出てきます。

 神事は旧暦の大晦日から元旦にかけて行われ、干潮時に、狩衣、烏帽子、白足袋、わら草履姿の3人の神官がそれぞれ大松明、手桶、鎌を持って社殿前に供えて航海の安全と豊漁を祈願するものです。

 現在、神事は一般公開されていますが、ふるくは秘義とされ、神事を見ると神の怒りに触れるとして、皆門戸を閉ざし謹慎していたということです。

 同神事は福岡県指定無形民族文化財です。

台座が横山白虹の句碑になっている。


和布刈る
   神の五百段(いほだん)
 ぬれてくらし

横山白虹(本名健夫)

明治32年、東京に生まれる。第一高等学校、九州大学医学部卒業、医学博士。

「九大俳句会」を創設、吉岡禅寺洞門下、「天の川」編集長。

小倉北区にて俳詩「自鳴鐘」を主宰創刊、現代俳句協会会長。

昭和58年(1983年)11月18日、84才で没。

下関(唐戸ターミナル)に戻る

2019年福 岡に戻る