芭蕉の句


たふとがる涙やそめてちる紅葉

出典は『笈日記』

 元禄4年(1691年)5月1日、李由は嵯峨の落柿舎に芭蕉を訪ね入門。



江州平田明照寺李由被問。

尚白・千那、消息有。

竹ノ子や喰残されし後の露
   李由

頃日の肌着身に付く卯月哉
   尚白


 元禄4年(1691年)10月、芭蕉が李由の明照寺を訪れて詠まれた句である。

元禄五年神な月のはじめつかたならん、月の沢ときこえ侍る明照寺に羈旅の心を澄して

たふとがる涙やそめてちる紅葉
   翁

 一夜静るはり笠の霜
   李由

『笈日記』(彦根部)

「元禄五年」は元禄四年の誤り。

滋賀県長浜市の大円寺

大阪府大阪市の萬福寺

香川県観音寺市の高尾北向千手観音

滋賀県大津市の幻住庵遊歩道に句碑がある。

高尾北向千手観音の句碑



埼玉県川口市の本行寺にも句碑があるが、境内整備だった。

芭蕉の句に戻る