2005年栃 木

湯の湖周遊〜湯 滝〜
indexにもどる

休暇村日光湯元」から湯の湖を一周してみることにする。


湖面に男体山が映る。


青空がのぞく。


対岸の山が湖面に映る。


いつもの湯滝に出る。


湯の湖から湯川がほとばしり落ちる。


新緑の間から湯滝が見える。


 明治19年(1886年)7月、正岡子規は旧伊予藩主久松氏の子息定靖に随伴して日光へ行き、湯滝を訪れている。

      湯 滝

水とのみ思ひしものを流れつる瀧はわきたついでゆなりけり


観瀑台から湯滝を見上げる。


白い滝と新緑の緑そして青空の風景は絶品。

 昭和12年(1937年)10月27日、与謝野晶子は中禅寺湖畔「米屋旅館」に泊まり、翌28日戦場ヶ原から湯滝へ。

湯の湖の周辺には驚くほど花が少ない。

藪陰に黄釣船草(きつりふねそう)が咲いていた。


黄釣船草(きつりふねそう)はツリフネソウ科の花。

湯の湖レストハウスが見える。


(あざみ)に蝶が留まる。


兎島


湯の湖レストハウスに浜梨(はまなす)が咲いていた。


浜梨(はまなす)はバラ科。

白山風露(はくさんふうろ)が咲いていた。


白山風露(はくさんふうろ)はフウロソウ科。

2005年栃 木〜に戻る