与謝野晶子の旅



〜米屋旅館〜

中禅寺湖展望台から中禅寺湖へ。

中禅寺湖で猫柳の花芽がふくらんでいた。


中禅寺湖の湖畔に「米屋旅館」があった。


中禅寺湖畔「米屋旅館」


 大正11年(1922年)10月29日、若山牧水は『みなかみ紀行』の後で「米屋旅館」に泊まった。

   中禅寺湖にて

裏山に雪の来ぬると湖岸の百木のもみぢ散りいそぐかも

見はるかす四方の黒木の峰澄みてこの湖岸のもみぢ照るなり

みづうみを囲める四方の山脈の黒木の森は冬さびにけり

下照るや湖辺の道に並木なす百木のもみぢ水にかがよひ

舟うけて漕ぐ人も見ゆみづうみの岸辺のもみぢ照り匂ふ日を

『山桜の歌』

 「米屋旅館」のホームページに「大正時代には、与謝野晶子、鉄幹夫妻がご宿泊になり、ここで詠まれた歌が当館に残されています。」と書いてあった。

 大正14年(1925年)5月17日、与謝野晶子夫妻は米屋旅館に2泊している。文化学院の生徒の写生旅行についていったようだ。

午後三時二荒をうつしあますなく広き湖水は憂鬱に落つ

常磐木とから松の斑も稀にして男体の山さびしき五月

『心の遠景』

 昭和7年(1925年)6月11日、与謝野晶子夫妻は米屋旅館に泊まった。

われの船佛の大使の水莊のまへに及べるうす霧を分く

「冬柏亭集」

戦前の米屋旅館@【与謝野晶子ネット提供】


幽邃なる嵐氣に包まれたる 日光中禅寺米屋旅館

戦前の米屋旅館A【与謝野晶子ネット提供】


 自分達夫婦は6月10日に日光に赴き、湯本の南阯キ館に一泊、翌日も中善寺の米屋旅館に一泊し帰ってきた。 山は若葉、杜鵑(ほととぎす)、河鹿の季節であり白嶺と前白嶺には残雪が望まれ、花は石楠、谷桃(やつもり)、あやめ、躑躅(つつじ)、紅色の残櫻のほか、湯本では艶麗草しら嶺葵その他の高山植物の花を初めて目にすることを得た。

中禅寺湖と日光白根山


 雨季のため小雨と霧の変化の急なことも、歌を詠む旅行に適していた。南阯キ館の主人夫婦は初面ながらも親切に待遇せられ、米屋旅館の主人も舊識として同じく歓待せられた。

「冬柏」編集後記

「南阯キ館」は日光湯元温泉「南間(なんま)ホテル」こと。

日光湯元温泉「おおるり山荘」


昭和10年(1935年)3月26日、鉄幹は肺炎で亡くなっている。

 昭和12年(1937年)10月27日、晶子は「米屋旅館」に泊まり、翌28日戦場ヶ原から湯滝へ。

湖畔とて落の乾くことおそし我れの心もこれに屋かまし

さざ波が碧瓦の如くかがやきて晴れたる朝の山の湖

『白桜集』(霜葉二荒山)

 昭和31年(1956年)、米屋旅館は火事で全焼。平成16年(2004年)5月、「米屋旅館」廃業。その建物も取り壊されてしまった。レストラン「パティオ」だけが営業している。

 昭和7年(1925年)に与謝野夫妻が宿泊した時、「米屋旅館」の主人に贈られた自筆掛軸も火事で焼失。親戚に贈られた2本の軸だけ残った。


   


身をしばし湖上の船に任せたりゆく方(かた)に山ゆく方(かた)に浪
   寛

われの船佛(ふつ)の大使(たいし)の水荘の前に及べるうす霧を分く
   晶子

晶子自身がつけたルビだそうだ。

解釈&鑑賞は与謝野晶子ネットをご覧下さい。

 平成15年(2003年)6月19日、日光湯元の老舗旅館「南間ホテル」も自己破産により営業停止。平成16年(2004年)11月10日、「南間ホテル」の跡地に日光湯元温泉「おおるり山荘」がオープンした。

日光湯元温泉へ。

与謝野晶子の旅に戻る