2022年東 京

東京理科大学〜泉鏡花・北原白秋旧居跡〜

法政大学市ケ谷キャンパスから新見附橋を越えると、新宿区。

法政大学ボアソナード・タワー


新宿区神楽坂に東京理科大学神楽坂キャンパスがある。

キャンパス北側の植込みの一画に泉鏡花・北原白秋旧居跡があった。


新宿区指定史跡

泉鏡花旧居跡

 このあたりは、明治から昭和初期にかけて、日本文学に大きな業績を残した小説家泉鏡花の旧居跡である。

 明治32年、硯友社の新年会で神楽坂の芸妓桃太郎(本名伊藤すず)と親しくなり友人から借金をして明治36年3月、ここの借家に彼女と同棲するようになった。しかし師である尾崎紅葉に同棲が知られると厳しく叱責を受け、すずは一時鏡花のもとを去る。

 この体験は「婦系図」に大きく生かされ、このすずがお蔦のモデルでもある。同年10月紅葉が没すると、すずを正式に妻として迎え明治39年7月までこの地に住んだ。

北原白秋旧居跡

 泉鏡花の旧居地であるこの場所は北原白秋の旧居地でもある。

 白秋は鏡花より遅れて明治41年10月から翌年10月に本郷動坂に転居するまでの約1年間をここで過ごしたが、その間の活動も素晴らしいものがあった。

 当地に在学中の同42年5月に短歌「もののあはれ」63首を発表しており、このころから歌作にも力をそぞぐようになった。なおこの辺りは物理学校(現・東京理科大学)の裏手にあたることから、「物理学校裏」(大正2年7月刊「東京景物詩及其他」)という詩も残している。

東京理科大学近代科学資料館


東京物理学校 (東京理大の前身)の木造2階建校舎を復元したもの。

明治41年(1908年)10年29日、石川啄木吉井勇と共に北原白秋を訪ねた。

 吉井君とは別れて帰つた。何となく気が落付かぬ。堀合君へ行つて一円借りて、出かけた。大学の前で横浜工学士に逢つた。北原君の新居を訪ふ。吉井君が先に行つてゐた。二階の書斎の前に物理学校の白い建物。瓦斯がついて窓といふ窓が蒼白い。それはそれは気持のよい色だ。そして物理の講義の声が、琴の音や三味線と共に聞える。深井天川といふ人のことが主として話題に上った。吉井君がこの人から時計をかりて、まだ返さぬので怒つてるといふ。


2022年東 京〜に戻る