夏目漱石の句碑
indexにもどる
御立ちやるか御立ちやれ新酒菊の花

 石手寺から道後温泉に向かうと、愛媛県道187号六軒家石手線沿いに正岡子規の句碑がある。

その先に夏目漱石の句碑があった。


   送子規

御立ちやるか御立ちやれ新酒菊の花

松山北ライオンズクラブ寄贈。

 明治28年(1895年)、病気療養のために愚陀佛庵に滞在していた子規は、体調が回復したため10月に上京が決まった。

漱石が子規へ送った送別の句である。

ご出発ですかご出発なさいませ。お祝いに新酒をふるまい、菊の花を活けましょう。

漱石は52日間生活をともにした子規を感無量の思いで見送ったのである。

翌年、漱石は熊本の第五高等学校教授となって松山を去った。

この句の碑は松山東高等学校にもある。

夏目漱石の句碑に戻る