正岡子規の句碑


砂土手や西日をうけてそばの花

 石手寺から道後温泉に向かうと、愛媛県道187号六軒家石手線沿いに正岡子規の句碑があった。


砂土手や西日をうけてそばの花

『散策集』に収録。

 漱石の愚陀佛庵に滞在中、松山近辺に再三吟行した。明治28年9月20日、柳原極堂と石手方面に俳句取材にでかけた。

 砂土手に満開の蕎麦の花が西日を浴びていた。子規はふるさとの風情を満喫したのである。

平成24年(2012年)1月、松山北ライオンズクラブ建立。

砂土手や西日をうけて蕎麦の花

『寒山落木 巻四』(明治二十八年 秋)

 「砂土手」とは、現在の松山商業高校あたりの南北に長く横たわる小高い砂丘で、もと松山城防衛のために築かれたものだそうだ。現在は、ほとんど残っていない。

正岡子規の句碑に戻る