下 町台東区
indexにもどる

竹屋の渡し跡〜隅田公園〜

弘福寺から桜橋を渡ると、隅田公園に竹屋の渡し跡の碑があった。


竹屋の渡し跡


竹屋の渡し

 隅田川にあった渡し船のひとつ。 山谷堀口から向島三囲神社(墨田区向島2丁目)の前あたりを結んでいた。

 明治40年刊「東京案内」には「竹屋の渡」とあり、同年発行「東京市浅草全図」では山谷堀入口南側から対岸へ船路を描き「待乳ノ渡、竹家ノ渡トモ云」と記しており、「待乳の渡」とも、あるいは「竹屋ノ渡」とも呼ばれていたようである。「竹屋」とは、この付近に竹屋という船宿があったためといわれ、「待乳」とは、待乳山の麓にあたることに由来する。

 「渡し」の創設年代は不明だが、 文政年間 (1818〜1830)の地図には、山谷堀に架かる「今戸はし」のかたわらに「竹屋のわたし」の名が見える。

 江戸時代、隅田川にのぞむ今戸や橋場一帯は風光明媚な地として知られ、さまざまな文学や絵画の題材となり、その中にき「竹屋の渡し」を描写したものも少なくない。

 昭和3年言問橋の架設にともない、渡し場は廃止された。

  平成14年3月

台東区教育委員会

待乳山聖天へ。

下 町台東区に戻る