下 町江戸川区
indexにもどる

御番所町〜小岩市川の関所〜

JR総武線小岩駅から蔵前橋通りを市川橋に向かう。


市川橋の手前で京成線江戸川駅向かうと、左に本蔵寺がある。


本蔵寺


日蓮宗の寺である。

 本蔵寺は、小岩市川関所役人を代々つとめた中根氏の館のあとといわれ、菩提寺と伝えられている。

本蔵寺の先に御番所町の慈恩寺道石造道標があった。



慈恩寺は、さいたま市岩槻区にある坂東三十三観音霊場の第12番札所。

御番所町の慈恩寺道石造道標

 このあたりは、昔御番所町といわれたところで、この先にある江戸川河川敷には、小岩市川の関所がありました。

小岩市川関所の図(『江戸名所図会』より)


 この道標は佐倉道と元佐倉道の合流点にあって、対岸の市川から江戸川を渡って小岩市川の関所を通ると道筋のほぼ正面に見えたと思われます。

 銘文は安永4年(1775年)に建てられたもので、岩附・江戸・市川の3方向を示しています。

銘文

正面 右せんじゅ岩附志おんじ道
 左リ江戸本所ミち
 
右面 左リ いち川ミち
 小岩御番所町世話人忠兵衛
 
左面 右 いち川ミち
 安永四乙未年八月吉日
 北八丁堀 石工 かつさや加右衛門

江戸川区教育委員会

御番所町の慈恩寺道石造道標の前に角屋旅館がある。

角屋旅館


角屋旅館の前に御番所町跡の案内があった。

 ここは旧伊予田村に属し、佐倉道と元佐倉道の合流するところで、南北に走る岩槻道にも接する交通の要衝でした。小岩市川の渡しが定船場となり、御番所(関所)が置かれたことから御番所町と称したと思われます。江戸時代後期の地誌『新編武蔵風土記稿』の伊予田村の項にも関所は「新町内江戸川の傍にあり、ここを御番所町とも云」と書かれています。

 御番所町は『徳川実記』延宝2年(1674年)の記事にある佐倉道(元佐倉道)の小岩の駅(宿場)に当たるものと考えられます。

 現在も残る角屋旅館のほか、筑前屋、清水屋などの旅籠屋を兼ねた小料理屋をはじめ、井熊鮨、あめ屋、豆腐屋、ぬか屋、掛茶屋などが並んでいたと伝えられています。

昭和25年頃の角屋旅館


江戸川区教育委員会

小岩菖蒲園入口の看板が立っていたので、小岩菖蒲園に行く。

花菖蒲(はなしょうぶ)が咲いている。


小岩菖蒲園に水上バスのりばがある。

江戸川の向こうは千葉県。

和洋女子大が見える。


下 町江戸川区に戻る