2004年新 潟

瀬波温泉〜日本海〜
indexにもどる

芭蕉堂からカーナビの指示通りに行き、国道7号(新新バイパス)に出る。

蓮野ICで国道113号に入り、日本海沿いを行く。


胎内川を越えると、日本海沿いの道は国道113号から国道345号になる。


荒川を渡って再び国道7号に入り、道の駅「神林(穂波の里)」に立ち寄る。


道の駅「神林(穂波の里)」は新潟県岩船郡神林村にある。

夏の空


この辺りは岩船米と呼ばれる良質の米の産地。

蜻蛉(とんぼ)の写真を撮った。


再び国道345号に入り、瀬波温泉へ。


瀬波温泉「大観荘せなみの湯」


瀬波温泉の日本海


水平線の彼方に粟島が見える。

山頭火は昭和11年6月8日から13日までの5泊6日を村上で過ごした。

砂丘のをんなはをなごやのをんなで佐渡は見えない

山頭火が村上と瀬波温泉で詠んだとされる句だそうだ。

昭和30年(1955年)4月29日、水原秋桜子は瀬波温泉に泊まっている。

   同日、瀬波温泉に泊る

鯛漁季せまる春日の沈むなり

菜の花も鯛の粟島も暮れむとす

『玄魚』

石船神社へ。

2004年新 潟