万葉の歌碑
indexにもどる

草香江公民館

福岡市中央区六本松に草香江公民館がある。

草香江公民館に「草香江之碑」があった。


大伴旅人
草香江の
 入江にあさる
   あしたづの
 あなたづたづし
  友なしにして

『万葉集』(第四)に収録の歌である。

昭和40年(1965年)5月1日、草香江公民館建設記念に建立。

草香江の歌碑

 昭和41年(1966年)5月、当時の草ヶ江公民館建設落成一周年を記念して、草香江の歌碑が建立されました。この歌碑には、万葉集に記された大伴旅人の歌が刻まれています。

「草香江の入江にあさるあしたづのあなたづたづし友なしにして」

草香江之入江ニ求食廬鶴乃痛多豆多頭思友無ニ指天

(草ヶ江の入江で食物を探している鶴ではないが心細いものだ。友がいなくて。)

 神亀5年(728年)、旅人は太宰府の長官である大宰帥の任を解かれ、奈良の都に戻ります。この歌は、その後筑紫で共に過ごした沙弥満誓に贈られたものです。

 万葉集には、旅人が筑紫で暮らす中で詠んだ歌も多く残されています。

 歌にある「草香江」は、難波(大阪府)の入江と考えられていますが、この土地にもゆかりのある歌として古くより親しまれていました。

 「草香江」の名はこの地域にあったと伝えており、昭和38年の町界町名整理の改正の時に、町名を「草香江」としました。

碑陰を読むのは大変だった。

万葉の歌碑に戻る