街 道東海道


東海道横田渡

甲賀市水口町泉に「横田渡」がある。


東海道横田渡

 鈴鹿山脈に源を発する野洲川は、このあたりで「横田川」と呼ばれてきました。伊勢参宮や東国へ向かう旅人は、この川を渡らねばならず、室町時代の史料にも「横田河橋」の名が見えています。

 江戸時代に入り東海道が整備され、当所は東海道十三渡のひとつとして重視され、軍事的な意味からも幕府の管轄下に置かれました。

 そのため、他の「渡」と同じく通年の架橋は許されず、地元泉村に「渡」の公役を命じ、賃銭を徴収してその維持に当たらせました。

 これによると、3月から9月の間は4艘の船による舟渡しとし、10月から翌2月までの間は、流路の部分に土橋を架けて通行させたようです。

 野洲川と支流の杣川が合流する当地は、水流も激しく、また流れの中には巨石も顔を見せ、道中の難所に数えられました。

 「渡」の景観は、往時のガイドブックである名所図会や絵図にも多数描かれており、旅人でおおいに賑わいました。

享和元年(1801年)、大田南畝は大坂銅座に赴任する旅で横田渡を渡る。

いづみの立場をこえ、横田川を舟にてわたる。河原のけしきおもしろし。川のむかひはみな山にして、大きる岩あり。




東海道横田渡常夜燈

(水口町指定文化財)

 この巨大な石燈籠は文政5年(1822年)、増加する旅人の目印となるよう、泉側の川岸に地元や京都・大坂を中心とした万人講中の寄進によって建てられたものです。

 その高さは10.5m、燈火を灯す火袋は大人でも通れる程で、道中でも最大級のものとされています。

 建造には多額の費用を要した為、基壇には多くの寄進者名が刻まれています。

 明治以降、水害によって一部形状を損ないましたが、その交通史上の価値は高く、水口町の文化財に指定されています。



横田橋の歴史

 横田橋の名は寛正2年(1461年)5月24日の室町幕府奉行人文書(山中文書)に「酒人郷横田河橋」として見えるのが早く、京都西芳寺によって橋賃が徴収されていた事が知られています。

 江戸時代には、東海道の「渡」のひとつとして幕府の管轄下に置かれ、渇水期には土橋が架けられたほかは、船渡しとなっていました。

 明治24年、泉・三雲間を結ぶ長大な板橋が架けられました。この石垣は当時の橋台の一部です。

 その後、昭和4年には下流に橋が移され、同27年には、国道1号線の敷設によって現在の横田橋へと推移しました。

 平成16年(2004年)10月1日、水口町は土山町、甲賀町、甲南町、信楽町と合併して甲賀市となった。

街 道東海道に戻る