2007年岩 手

釜淵の滝〜巌谷小波の句碑〜
indexにもどる

花巻温泉に釜淵公園がある。

釜淵公園に釜淵の滝がある。


 花巻温泉を流れる台川にある滝です。高さ8.5m、幅30mの大きな岩の上を清流が幾筋にも別れ、滝壺に落ちていくさまは爽快です。釜淵の滝周辺の森林は1周15分ほどの遊歩道になっており、木漏れ日のなかを歩ける手ごろな散策コースです。

釜淵の滝に巌谷小波の句碑があった。


大釜や滝が沸かせる水煙

 大釜は釜淵のこと。その名にちなんで、水煙を釜からあがる湯気に見立てている。季語は滝で、夏。

巌谷小波

明治3年(1870年)〜昭和8年(1933年)

東京生まれ 児童文学者・小説家・俳人

 児童文学作家として活躍しつつ、少年雑誌の編集や、内外のお伽噺の全集をまとめるなど、児童文学の各分野で先駆的な役割を果たした。童話、小説のほか、句集「さゝら波」を持つ。

 昭和6年(1931年)6月7日、与謝野晶子は釜淵の滝を歌に詠んでいる。

釜淵の瀧大和繪の山のごとまろくふくらみ重なれるかな

深山なるかじかに通ふ聲もして岩にひろがる釜淵の瀧

「北海遊草」

花巻温泉に歌碑がある。

 昭和8年(1933年)8月29日、高浜虚子は北海道からの帰りに花巻温泉を訪れている。

   花巻温泉

秋天や羽山の端山雲少し

   釜淵の滝

岩刳つて作りし瀧の如くなり

      八月二十九日。花巻温泉、松雲閣。

『五百句時代』

花巻温泉に句碑がある。

杜鵑草(ほととぎす)が咲いていた。


 昭和8年(1933年)8月29日、星野立子中村草田男の後について滝を見にいった。

 滝があるとかで、それを見にゆかうと思ふのだがちつ
とも見当がつかない。草田男さんが知つてゐるやうに歩
くので後から行くのだが全く心もとない。

  尾花野の女花男花ととりにけり

  花芒とけんばかりのするどさよ

  手にとまる蝶おそろしき山路かな

 秋山の滝道に出し安堵かな

「玉藻俳話」

2007年岩 手〜に戻る