2017年北海道

流星・銀河の滝〜日本の滝百選〜
indexにもどる

層雲峡温泉から流星・銀河の滝へ。

流星の滝


銀河の滝と流星の滝

この滝は、流星の滝で上流にある銀河の滝とともに夫婦滝または、流星を雄滝、銀河を女滝とも呼ばれている。

烏帽子岳2,060mと赤岳2,078mを源として、この石狩川に落下している。

銀河の滝へ。

二輪草が咲いていた。


層雲峡観光案内所の裏へ。

銀河の滝


延齢草が咲いていた。


 銀河の滝と流星の滝を合わせて、流星・銀河の滝は日本の滝百選に入っている。

 「双瀑台」に登ると、銀河の滝と流星の滝を同時に見ることができるそうだが、クマが出そうなので止めた。

 昭和6年(1931年)5月29日、与謝野寛・晶子夫妻は流星・銀河の滝を見ている。

流星が瀧の身となるいしかりの層雲峡のうらさむきかな

いしかりの流星、銀河、岩山の襞をつたひてとどろく五月

「北海遊草」

 昭和7年(1932年)8月23日、斎藤茂吉は層雲峡に遊び、瀧を見ている。

朝日岳十勝岳見ゆみんなみに石狩岳はかた寄りにけり

宋人がさびしみしごと山のうへより音の聞こゆる瀧見つつをり

『石泉』

 昭和8年(1933年)8月20日、高浜虚子星野立子と層雲峡を訪れた。

八月二十日。此夜、層雲峡、層雲閣泊。

 石狩の水上にして水澄まず

 石狩の源の瀧先づ三つ


石狩の源の瀧先づ三つ

北海道の俳句の旅は元気につゞいてゐた。層雲峡では大きな蕗の広葉の沢に大樹だ大緑蔭を作つてゐた。其処は石狩川の水上ときかされた。木の間からぬつと顔を出す馬などがゐた。

『虚子一日一句』(星野立子編)

 二十日。層雲峡に向ふ。層雲峡に近よるにつれて、霧
が雨のやうに横から自動車に吹きつけてきた。

  女郎花少しはなれた男郎花

 第一の滝の見えるところで自動車を下り、しばらく休
んで、いよいよ細い道を上つてゆく。手の甲がざわざわ
寒い。鳥甲が美しい。白樺も珍しくなくなつていまつた。

  秋雨や馬が顔出す樺林

「玉藻俳話」

 昭和29年(1954年)7月、富安風生は層雲峡探勝。

   層雲峡探勝。峡にさしかかれば

その片翅霧がくれして胡蝶岩

   流星の滝を男滝とし銀河の滝を女滝とす

天柱を樹てて左右に二瀑落つ

   銀河の滝もつとも美し

女の滝として神の意に美しき

『古稀春風』

2017年北海道〜に戻る