与謝蕪村

『蕪村句集』(几菫編)

indexにもどる

天明3年(1783年)12月25日、蕪村は68歳で没。

天明4年(1784年)12月、『蕪村句集』(几菫編)。雪中庵蓼太序。

蕪翁句集 巻之上

   春の部

白梅や墨芳しき鴻臚館

   もろこしの詩客は一刻の宵をゝし
   み、我朝の哥人はむらさきの曙を
   賞す

春の夜や宵あけぼのゝ其中に

歸る鴈田ごとの月の曇る夜に

   懐 旧

遅き日のつもりて遠きむかしかな

春の海日終のたりのたり哉

燕啼て夜蛇をうつ小家哉

   暁臺が伏水・嵯峩に遊べるに伴ひて

夜桃林を出てあかつき嵯峩の櫻人

苗代や鞍馬の桜ちりにけり

   春 景

菜の花や月は東に日は西に

行春や撰者をうらむ哥の主

行く春やむらさきさむる筑羽(波)

   夏の部

牡丹散て打かさなりぬ二三片

   波翻舌本吐紅蓮

閻王の口や牡丹を吐んとす

ちりて後おもかげにたつぼたん哉

牡丹切て気のおとろひしゆふへ哉

不二ひとつうづみ殘してわかばかな

絶頂の城たのもしき若葉かな

若竹や橋本の遊女ありやなし

   洛東のばせを菴にて、目前のけしきを申出
   侍る

蕎麦あしき京をかくして穂麦哉

   大魯・几菫などゝ布引滝見にまかりてかへ
   さ、途中吟

(うすづく)や穂麦が中の水車

   丹波(後)加悦といふ所にて

夏河を越すうれしさよ手に草履

   かの東皐にのぼれば

花いばら故郷の路に似たる哉

愁ひつゝ岡にのぼれば花いばら

   洛東芭蕉菴落成日

耳目肺腸こゝに玉巻くばせを庵

落合ふて音なくなれる清水哉

   宮 島

薫風やともしたてかねついつくしま

蕪翁句集 巻之下

   秋の部

ひたと犬の啼町越えて躍かな

   遊行柳のもとにて

柳散清水涸石處々

   辨慶賛

花すゝきひと夜はなびけ武藏坊

もの焚て花火に遠きかゝり舟

   良夜とふかたもなく、訪来る人もなけれ
   

中々に独なればぞ月を友

名月やうさぎのわたる諏訪の海

月今宵あるじの翁舞出よ

花守は野守に劣るけふの月

   故人に別る

木曾路行ていざとしよらん秋ひとり

順礼の目鼻書ゆくふくべ哉

   雲裡坊、つくしへ旅だつとて我に
   同行をすゝめけるに、えゆかざり
   ければ

秋かぜのうごかして行案山子哉

うき我に砧うて今は又止

鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分哉

   三井の山上より三上山を望て

秋寒し藤太が鏑ひゞく時

   須磨寺にて

笛の音に波もより來る須磨の秋

毛見の衆の舟さし下せ最上川

新米の坂田は早しもがみ河

猿どのゝ夜寒訪ゆく兎かな

   幻住菴に暁臺が旅寝せしを訪ひて

丸盆の椎にむかしの音聞む

折くるゝ心こぼさじ梅もどき

   洛東ばせを庵にて

冬ちかし時雨の雲もこゝよりぞ

   冬の部

   人々高尾の山ぶみして一枝の丹楓
   を贈れり。頃は神無月十日まり、
   老葉霜に堪へず、やがてはらはら
   と打ちりたる、ことにあはれふか
   

爐に燒てけぶりを握る紅葉哉

   浪花遊行寺にてばせを忌をいとな
   みける二柳庵に

蓑笠の衣鉢つたへて時雨哉

磯ちどり足をぬらして遊びけり

   泰里が東武に歸を送る

嵯峩寒しいざ先くだれ都鳥

   うかぶ瀬に遊びて、むかし栢莚が
   此所にての狂句を思ひ出て、其風
   調に倣ふ

小春凪眞帆も七合五勺かな

   讃州高松にしばらく旅やどりしけるに、あ
   るじ夫婦の隔なきこゝろざしのうれしさ
   に、けふや其家を立出るとて

(炬)燵出てはやあしもとの野河哉

   金福寺芭蕉翁墓

我も死して碑に邊せむ枯尾花

西吹ヶば東にたまる落葉かな

初雪や消ればぞ又草の露

   晋子三十三回

擂盆(すりばち)のみそみ[め]ぐりや寺の霜

   素堂

乾鮭や琴(きん)に斧うつひゞきあり

寒月や枯木の中の竹三竿

とし守(もる)夜老はたう(ふ)とく見られけり

   笠着てわらぢはきなから

芭蕉去てそのゝちいまだ年くれず

   天明四甲辰之冬十二月

与謝蕪村に戻る