牧水ゆかりの地

indexにもどる

戸倉温泉

 戸倉上山田温泉の「笹屋ホテル」には若山喜志子、若山牧水、太田水穂3人の短歌が彫られた石版があり、拓本をさせてくれる。3人が「笹屋ホテル」に泊まった時に書き残した歌を石版に彫ったそうだ。だからそれぞれの直筆ということである。

戸倉上山田温泉「笹屋ホテル」


 千曲川西岸に戸倉温泉と上山田温泉。東側に新戸倉温泉があり、総称して戸倉上山田温泉と呼んでいるそうだ。

若山牧水が夫婦で旅をすることはあまりない。

 牧水は大正14年5月31日の手紙に「小生、この6月の3日から信州の方へまたたびに出ます、牧水夫婦づれでです、」と書いている。この時のことであろう。

6月10日、信州戸倉温泉「笹屋ホテル」から手紙を出している。

 大井は好成績、長野は先づ普通らし、但し、金がよく集るかとけねんされる。松代は貧弱、小諸は多分中止することゝならむ、名古屋も悪戦らしい。明日明後日、こゝで揮毫、13、4日長野で歌会陳列会(一般と、婦人会と)

「笹屋ホテル」の石版は11日か12日に揮毫したものであろう。

ふるさとの信濃なるかもいまぞわが千曲の川の長橋わたる
   若山喜志子

秋風の空晴れぬれば千曲川白き河原に出てあそぶかな
   若山牧水

ひとときに霜葉をおとす木を見ればきたりし冬のまのあたりなり
   太田水穂

若山喜志子と若山牧水の歌碑は万葉公園内にある。

 牧水の歌は第4歌集『路上』に「9月初めより11月半ばまで信濃国浅間山の麓に遊べり、歌96首」の1首として収録されている。「信濃国浅間山の麓」とは小諸のことである。だから牧水の歌碑は小諸のチェリーパークラインにもある。

 『路上』は第3歌集『別離』に続く歌集で、明治44年9月12日博信堂書房より発行された。明治43年1月から44年5月までの作約500首をあつめていると書いてある。

 明治44年(1911年)7月頃、牧水は歌人太田水穂の家で太田喜志子と出会う。12月、喜志子は塩尻市広丘の実家に帰る。

 明治45年(1912年)3月26日、牧水は信州の麻績に行き、歌会を開く。そこで太田喜志子と再会した。

 同年4月2日、牧水は太田喜志と会い、結婚を申し込む。この時、喜志は妹の喜利を伴う。

 今日突然お驚かし申したことをお詫びします。あゝも云はう、かうも云はうと思つてゐたことが何ひとつ口から出ませんでした、云ひ得なかつた私もわるいが、獨りでおいでゞなかつたあなたにも確かに罪があります。

 同年5月5日、太田喜志子と結婚。太田水穂は仲人をつとめた。

牧水ゆかりの地に戻る