芭蕉の句碑東 京


西行の草鞋もかかれ栢の露

八王子市寺町に長心寺(HP)という寺がある。


慶長3年(1598年)、開創。

清凉山長心寺


曹洞宗の寺である。

門を入ると、左手に芭蕉の句碑があった。


西行の草鞋もかかれ栢の露

芭蕉句碑の詳しい説明が石に刻まれていた。

芭蕉句碑

句   表
 西行の草鞋もかかれ栢の露
碑右側面
 明治三十六歳次癸卯九月建 発願人
 正風水音八王子分社長


 蚯庵主 高味石田
碑左側面
 獅子門十七世 千秋菴敬書
碑   形
 根府川石 高さ4尺3寸 幅2尺 厚さ1尺

 句は『笈日記』『泊船集』『蕉翁句集』(貞享5年とする)に収録されており、いずれも「画賛」と題している。おそらく松を画いた絵に賛を望まれた折の吟と思われる。露のしたたりそうなみずみずしい松が立っている。この松の木かげに西行が立ち寄り、長旅ですですり切れた草鞋などがかかっていたら一層風情があるものを、の意である。

 なお「栢の露」は「松の露」が正しい。

 寺内にある「西行塚」に因んで西行を敬慕した芭蕉の句碑の建立が企画されたものであろう。

 主監の「滝見可屋」は当寺の先々代の住職で三世寛譽泰道大和尚・俗名滝見泰道で、俳句に熱心で八王子を代表する近代俳壇を代表するひとりであり、寺内に「涼しさや月下にならす花鋏」の句碑があり、又八王子鑓水の永泉寺境内にも「しばらくは夢のかりきるはな衣」の句碑が建っている。

 碑表の文字の執筆者「千秋庵」は『新選俳諧年表』(大正12年刊)の大正8年の頃にみえる。「鶴汀歿、二月十一日、享年八十六、塩谷氏、名新吉、千秋庵瑞夢仙と号す。美濃人」と同一人物と考えられている。又「獅子門」とは美濃派とも言い蕉門十哲の一人各務支考の一派である。

 八王子市内の芭蕉句碑は、この他「ひばりより上にやすらふ峠かな」(天保11年建立、浅川老人ホーム内)「先たのむ椎の木もあり夏木立」(明治43年)建立、鑓水永泉寺境内)「しばらくは花の上なる月夜かな」(建立年次不明、下恩方辺名)「蝶の飛ぶばかり野中の日かげかな」(昭和24再建、新町の永福稲荷)などが知られている。

文責 大東文化大学 文学部教授 萩原 恭男

昭和59年甲子11月

これほど詳しい説明は珍しい。

 『笈日記』は(大垣部)に収録。元禄2年(1689年)9月、芭蕉が『奥の細道』むすびの地大垣に滞在中の句とされる。

 「千秋菴」は獅子門(以哉派)十七世塩谷千秋庵。厚見郡江崎。鶴汀。大正8年(1919年)2月11日、86歳で没。

西行塚


可屋句碑


涼しさや月下にならす花鋏

芭蕉の句碑東 京〜に戻る