芭蕉の句碑東 京


先たのむ椎の木もあり夏木立

八王子市鑓水に永泉寺という寺がある。


高雲山永泉寺


弘治元年(1555年)、開創。

曹洞宗の寺である。

本堂の向かいに芭蕉の句碑があった。


先たのむ椎の木もあり夏木立

出典は『猿蓑』(幻住庵の記)。

 元禄3年(1690年)4月6日から7月23日まで芭蕉は国分山の幻住庵に滞在した。47歳の時である。

明治43年(1910年)、建立。大教正三森幹雄書。

同年10月17日、三森幹雄は82歳で没。

芭蕉句碑の右に松原菴一知の句碑があった。


興と興尽したうへや花と月

松原菴一知は本名城定右衛門。

明治29年(1896年)、松原菴六世を襲名。

明治30年(1897年)3月17日、立机披露を前に急逝。

芭蕉句碑の左に蚯菴可屋の句碑もあった。


志ばらくは夢のかりきのはれ衣

 蚯菴可屋は八王子市寺町の長心寺住職で、三世寛譽泰道大和尚・俗名滝見泰道。

芭蕉の句碑東 京〜に戻る