旅のあれこれ文 学


牧野富太郎ゆかりの地

 文久2年(1862年)、土佐国佐川村(現:高知県高岡郡佐川町)で商家(雑貨業)と酒造業を営む裕福な家に生まれた。

 昭和2年(1927年)4月、発見した新種の笹に妻の名をとって「スエコザサ」と名付けた。

 昭和32年(1957年)1月18日、牧野富太郎は94歳で死去。文化勲章を追贈された。

 昭和33年(1958年)4月、高知市五台山に高知県立牧野植物園が開園した。

牧野富太郎

谷中霊園(高知県高知市)

牧野富太郎博士胸像

牧野記念庭園(東京都練馬区)

牧野富太郎博士像

牧野植物園(高知県高知市)

寺田寅彦先生邸址

寺田寅彦記念館(高知県高知市)

牧野富太郎先生生誕之地

(高知県高岡郡佐川町)

旅のあれこれ文 学に戻る