2018年山 口

龍王神社〜碑巡り〜
indexにもどる

川棚温泉からサンデン交通のバスで吉見駅へ。

龍王神社まで歩く。

鳥居


楼門


楼門の手前左手に芭蕉の句碑があった。


春もやゝけしきとゝのふ月と梅

出典は『薦獅子集』(巴水編)。

 元禄6年(1693年)1月20日、深川芭蕉庵から大垣の木因に宛てた書簡にある。

 天保6年(1835年)9月7日、尾形逸合は吉見浦庄屋平助の長男として生まれる。

 明治12年(1891年)12月、杜若庵三世を名乗る。

 明治24年(1891年)、芭蕉の句碑を建立。

 明治25年(1892年)、隠居。

 明治39年(1906年)5月17日、71歳で没。

福田煙外の句碑もあった。


玄海は眼下に展けて風涼し

 明治32年(1899年)9月19日、福田煙外は吉見町に生まれる。本名久雄。浮月園宗匠。

 昭和39年(1964年)4月、美濃派不易吟社の杜若庵十四世をつぐ。都暮庵。

 昭和47年(1972年)1月、句碑建立。

 昭和53年(1978年)5月28日、78歳で没。

岸村幽里の句碑もあった。


花咲いて散る花びらに風すこし

 大正3年(1914年)に幽里は生まれる。本名磯春、臥牛庵。

 昭和63年(1988年)1月、吉母臥牛庵岸村磯春句碑建立。

吉母の黒嶋観音堂入口下の階段右にも幽里の句碑がある。

拝殿


2018年山 口に戻る