2009年山 形

新庄駅〜斎藤茂吉の歌碑〜
indexにもどる

 平成11年(1999年)12月4日、山形新幹線山形−新庄間が延長開業。今年が10周年である。

JR東日本新庄駅構内に芭蕉と曽良の像があった。



 元禄2年(1689年)6月1日(陽暦7月17日)、芭蕉は大石田から新庄の渋谷甚兵衛風流亭を訪ね、2泊している。

後日、芭蕉の像だけを。


新庄駅西口の駅前ふれあい広場アビエスに斎藤茂吉の歌碑があった。



新庄にかへり来りてむらさきの木通(あけび)の実をし持てばかなしも

歌集『白き山』に収録されている歌である。

 昭和21年(1946年)10月3日、茂吉は湯田川温泉を発ち、鶴岡、新庄を経て大石田に帰る。

平成6年(1994年)11月、新庄市建立。

斎藤茂吉記念館によれば、117番目の茂吉歌碑である。

東口にも茂吉の歌碑があった。


新庄に汽車とまるまもなつかしき此国びとのおほどかのこゑ

歌集『ともしび』に収録されている歌である。

昭和3年(1928年)10月3日、茂吉は出羽三山の参拝に出発。

平成12年(2000年)7月31日、新庄市建立。

山形新幹線が新庄まで開業したのを記念して建立されたそうだ。

斎藤茂吉記念館によれば、123番目の茂吉歌碑である。

 昭和6年(1931年)11月13日、長兄守谷広吉が亡くなる。茂吉は葬儀に参列した後、鳴子、中尊寺石巻塩釜、松嶋、仙台を巡っている。

新庄をわがたちしより車房には士官ふたりが乘込み居りつ

歌集『石泉』(鳴子途上)

2009年山 形〜に戻る