2004年栃 木

門前温泉〜碑巡り〜
indexにもどる

ヨシ沼から門前温泉へ。

塩原は文学の里。多くの文人墨客が塩原を訪れている。

 門前温泉の妙雲寺には芭蕉の句碑をはじめとして、夏目漱石の詩碑斎藤茂吉の歌碑尾崎紅葉の句碑などがある。

妙雲寺だけでなく、国道400号沿いにも歌碑や句碑が並んでいる。


「榮太楼」には桃林舎枕石の歌碑がある。


甘味をば淡きにかへて武蔵野の月より嬉し塩原の秋

この歌の碑は福渡温泉神社にもある。

桃林舎枕石は妙雲寺に芭蕉の句碑を建立した眠松下枕石の別号。

和泉屋八代目太兵衛である。

 「榮太楼」は昭和元年創業。榮太樓飴でお馴染みの榮太楼総本舗の暖簾分け。

「榮太楼」の隣の「鈴木屋物産店」には北原白秋の歌碑がある。


渓の湯に裸の男女がつかっていて一面にさす青い葉漏れ日

 大正12年(1923年)8月8日頃、白秋は塩原を訪れた。白秋38歳の時である。

   欲泉俯瞰

      塩原の塩の湯、対岸の岩壁の下、渓流のへりに湯の湧く
      ところがある。湯は水に交り、水は湯に温まつてゐる。
      ここに常にひたるのである。この渓の湯は高い楼上より
      俯瞰する時にいよいよ仙家のものとなる。

渓の湯に裸の男女がつかつてゐて一面に射す青い葉漏れ日

『海阪』


「手打そば三條屋」には内藤鳴雪の句碑がある。


門前に酒あり寺あり夕紅葉

 内藤鳴雪(1847−1926)は俳人。江戸松山藩邸で生まれ。名は素行(なりゆき)。46歳のとき、子規に師事し、日本派の長老として当時を代表した。著「鳴雪俳話」「鳴雪句集」「鳴雪自叙伝」など。

内藤鳴雪が46歳のとき、子規は26歳である。

私は「手打そば三條屋」よりも「手打ちそば遊蕎」のお蕎麦の方が好きだ。

八汐橋の手前には大町桂月の歌碑がある。

八汐橋の向こうは畑下温泉

2004年栃 木〜に戻る