下 町文京区
indexにもどる

礫川公園〜ちいさい秋みつけた〜

東京メトロ南北線後楽園駅下車。

文京区春日に礫川公園がある。


幸田文ゆかりの「ハンカチの木」


 明治37年(1904年)9月1日、幸田文は幸田露伴の次女として東京府南葛飾郡寺島村(現:東京都墨田区東向島)に生まれる。

 「ハンカチの木」は、19世紀中頃中国に滞在したフランス人宣教師アルマン・ダビットによって、四川省の西境で発見され、発見者にちなんでダヴィディアと命名された。白い花びらのように見える部分は、大小たれさがった苞であり、これがあたかもハンカチを広げたように見えることから和名「ハンカチノキ」と名づけられた。なお、別名「ハトノキ」とも呼ばれる。

 一科一属一種といわれている珍しい木で、落葉高木、花は雌雄同様の丸い花序で、白い苞片(ほうへん)に守られているように見える。4〜5月に花をつけ、5月初旬が見頃である。

 作家の幸田文(1904〜1990)が小石川植物園の山中寅文(東京大学農学部技術専門員)から譲りうけたこの「ハンカチの木」は、長女で随筆家の青木玉の家の庭に仮植えされていたものである。平成14年(2002年)12月、多くの方々に見ていただきたいという青木玉の好意により、ここ磔川公園に移植された。

 平成16年(2004年)は幸田文生誕100年にあたる。

−郷土愛をはぐくむ文化財−

文京区教育委員会

縁のある木


 縁のあるなしは人ばかりではない。樹木にもそれがあり、時に思いもかけぬ縁が生じることがある。この木はたまたま私の家の庭に根を下してから開花を迎えるまで、実に二十年近い年月を過した。「ハンカチの木というのだから、きっと白い花が咲くのだろう」と、木を贈られた母は初花を楽しみにしたが、平成二年他界し、ついに花を見ることはなく、私は花を待つことを忘れた。

 それから七年、まぶしいほど明るい五月の空の下で新緑が萌え、枝先に大小二枚の真白な苞が風に揺れていた。中心に小さな蕾の集合体を両手で大切に囲っているように見える。木の咲く花のかたちとしては、他に類がなく、自然はたった二枚の白く美しい不思議な姿の花をハンカチの木に与えたかと胸が熱くなる想いで見守った。母が見たならどんなに喜んだか。多分それは私の目を通して、伝わったであろうと信じている。

 母から私に引き継がれたこの木が、新しい場所で、更に多くの方々との御縁を結ぶよう心から願って止まない。

青木玉

童謡「ちいさい秋みつけた」とはぜの木


 童謡の名作を数多く残したサトウハチロー(1903〜1973)は、昭和12年(1937年)秋に、上野・桜木町から向ヶ岡弥生町に転居した。家の庭には、はぜの木が植えられ、仕事部屋からよく見えた。童謡「ちいさい秋みつけた」は、真紅に染まったはぜの枝葉を眺め作詞された。昭和30年(1955年)秋のことである。

 ハチローの没後、旧宅は記念館に改装され、遺稿や愛用品が展示されたが、平成7年(1995年)館は閉鎖され、平成8年(1996年)記念館は北上市に新設された。

 その後、残された “はぜの木” は木の延命を図るため5本の枝を残し、切り株状にして平成13年(2001年)10月、この地に移植された。樹齢約70年、毎年真紅の枝葉が“ちいさい秋”を語り伝えてくれる。

−郷土愛をはぐくむ文化財−

文京区教育委員会

ちいさい秋みつけた(三番)


サトウハチロー 作詞
中 田 喜 直 作曲

誰かさんが 誰かさんが
誰かさんが みつけた
ちいさい秋 ちいさい秋
  ちいさい秋 みつけた

むかしの むかしの 風見の鳥の
ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ
はぜの葉あかくて 入日色
ちいさい秋 ちいさい秋
  ちいさい秋 みつけた

平成元年(1988年)12月、礫川公園に春日局之像を建立。

令和元年(2019年)10月14日、麟祥院前のポケットパークに移設。

永井荷風生育地へ。

下 町文京区に戻る