下 町文京区
indexにもどる

夏目漱石旧居跡〜猫の家〜

 文京区向丘2丁目、日本医科大学同窓会館(橘桜会館)の前に夏目漱石旧居跡の碑がある。


 日本医科大学同窓会館(橘桜会館)の裏が『猫』の「落雲館中学」のモデルになった郁文館中学(現・郁文館中・高校)。

夏目漱石旧居跡


 夏目漱石は明治36年1月英国から帰り、3月3日ここ千駄木町57番地に居を構えた。

 前半2箇月半は一高と東大の授業に没頭したが、38年1月『吾輩は猫である』『倫敦塔』等を發表して忽ち天下の注目を浴び、更に『猫』の續編と竝行、39年初から『坊ちゃん』『草枕』『野分』等を矢継早に出して作家漱石の名を不動にした。歳末27日西片町に移り、翌40年4月朝日新聞に入社し、以後創作に専念した。千駄木町は漱石文學發祥の地である。

 森鴎外も前に(自明治23年10月至同25年1月)その家に住んでゐた。家は近年保存のため移築され、現在犬山市明治村にある。

昭和46年3月3日

 碑文は舊字體が用いられているが、「鴎外」の「鴎」だけは舊字體で表示できない。

題字は川端康成

 昭和47年(1972年)4月17日、川端康成は逗子市小坪の逗子マリーナ417号室で自殺してしまう。

夏目漱石旧居跡(区指定史跡)


夏目漱石旧居跡(区指定史跡)

日本医科大学同窓会館 文京区向丘2−20−7

 夏目漱石 本名・金之助。慶応3年〜大正5年(1867〜1916)。小説家。この地に漱石がイギリス留学から帰国後の明治36年から明治39年12月、現在の西片1丁目に移るまで、3年10か月住んだ家があった。(家主は東大同期の斉藤阿具氏)

「斉藤」の「斉」は「斎」が正しいのかもしれない。

 当時、東京帝大英文科、第一高等学校講師として教職にあった漱石は、この地で初めて創作の筆をとった。その作品『吾輩は猫である』の舞台として、「猫の家」と呼ばれ親しまれた。

 この地で『倫敦塔』『坊ちゃん』『草枕』などの名作を次々に発表し、一躍文壇に名をあらわした。漱石文学発祥の地である。

 漱石が住む13年程前の明治23年10月から1年余り森鴎外が住み、文学活動に励んだ。鴎外は、ここから団子坂上の観潮楼へ移っていった。

 二大文豪の居住地、漱石文学発祥の地として、近代文学史上の重要な史跡である。旧居は、愛知県犬山市の「明治村」に移築保存してある。

−郷土愛をはぐくむ文化財−

文京区教育委員会

こちらは平成7年(1995年)3月のもの。

下 町文京区〜に戻る