2008年埼 玉

ふるさとの散歩道〜元荒川橋〜
indexにもどる

水辺公園から元荒川の元荒川橋へ。


千杏と白雄の句碑が並んでいた。


 

芳ばしき草刈りの笛あちこちに   千杏
 
火ともし時の唯しづかなり   白雄

 明和3年(1766年)、加舎白雄白井鳥酔の供をして初めて吹上を訪れ、袋村の医師川鍋千杏の家を訪問。千杏は川鍋家五代目玄佐の号。

2月中旬、川鍋家で句会。

ぬけられて小うなりぬこてふ輪
   鳥酔

   我もかすまん野つづきの道
   雨什

芳しき草刈の笛をちこちに
   千杏

   火ともし時の唯しづかなり
   白雄

生方雨什は高崎の俳人、白井鳥酔の高弟で、松露庵四世。

せせらぎ公園へ。

2008年埼 玉〜に戻る