2019年長 崎

風頭公園〜坂本龍馬の銅像〜
indexにもどる

 元治元年(1864年)2月23日、坂本龍馬は勝海舟に随行して島原から陸路長崎に入った。

坂本龍馬の銅像を見に風頭公園へ。

坂本龍馬の銅像


平成元年(1989年)2月1日、建立。

司馬遼太郎「竜馬がゆく」文学碑


 船が長崎の港内に入ったとき、
竜馬は胸のおどるような
思いをおさえかね、
「長崎は、わしの希望じゃ」
と、陸奥陽之助にいった。
「やがては日本回天の足場になる」
ともいった。

司馬遼太郎『竜馬がゆく』より

平成10年(1998年)2月1日、「亀山社中ば活かす会」建立。

司馬遼太郎氏は、戦後日本を代表する国民的作家である。その優れた作品は、数限りない人々に夢と勇気を与えてきた。そして、これからもそうあり続けることであろう。われわれは、司馬遼太郎氏の長崎における足跡を確かめ、その業績を顕彰するとともに、長崎の街の振興に資することを目的として、代表作『竜馬がゆく』から一文を選び、ここに文学碑を建立するものである。

眼鏡橋片方に史話の夜長かな   萩置

「萩置」は、長崎俳人会会長中西啓氏の俳号。

展望台から見た坂本龍馬の銅像


長崎湾


稲佐山


2019年長 崎〜に戻る