万葉の歌碑
indexにもどる

舞鶴公園

福岡市中央区城内に舞鶴公園がある。

舞鶴公園に万葉歌碑があった。


  筑紫の舘に至り
  遥かに本郷を望み
  悽愴みて作る歌

今よりは
秋づきぬらし
あしひきの
山松かげに
ひぐらし鳴きぬ

『万葉集』(巻第十四)の歌。

昭和43年(1968年)3月、福岡市建立。

天平8年(736年)に新羅の国に派遣された外交使節が筑紫館(つくしのむろつみ)で故郷の大和を偲んで詠んだ歌です。秋には帰ってくるからと家族に約束して出発したのに、新羅に渡るどころか、ようやく筑紫館に着いたところで秋になってしまい、故郷に戻れない悲痛な気持ちをよんだものです。「筑紫館」は後に「鴻臚館」に名前を変え、遣唐使や遣新羅使のための宿泊施設と外国の使節や上人のための迎賓館とを兼ねたもので、ここ福岡城内にありました。

大濠公園にも万葉歌碑がある。

万葉の歌碑に戻る