2005年茨 城

応順寺〜月船碑〜

indexにもどる

利根町立歴史民俗資料館から応順寺へ。

羽立山応順寺


応順寺は天正16年(1588年)に開基。浄土真宗大谷派のお寺である。

応順寺に月船碑があった。



咲梅のうしろに不二の御顔哉

 布川河岸の古田月船は当地方の文化を担った者の一人である。俳人一茶を支援し、一茶の月船亭泊りは前後四十数回、二百八十余日に及んだ。また取手の歌人沢近嶺は少年時代月船に俳諧を学び、生涯父とも慕って、その最後をみとった。天保8年1月20日没。辞世に花の春八十一年の飯と汁。墓石には花守りがよその花見る月夜かなとある。

 澤近嶺は月船のことについて『春夢独談』で「おのれ父にひとしくおもう給へらるゝ人なるに」と書いているそうだ。

 文化8年(1811年)12月22日、小林一茶は布川に入り、文化9年の正月を布川で迎える。

   廿二 晴 大西吹 布川ニ入

『七番日記』(文化8年12月)

咲梅のうしろに不二の御兒哉
   月船

うしろからおぼろ月夜と成にけり

『七番日記』(文化9年正月)

 文化九年正月十五日、下総国相馬郡布川の郷なる月船亭に日待といふことをして、人々ぞりて夜の明るをなん待ちける。

『株番』

一茶は布川に1ヶ月間滞在し、1月23日、守谷の西林寺に入る。

 文化13年(1816年)11月19日、一茶は流山から布川に入り、成美の死を知る。

   [十]九 晴 布川ニ入 成美没

『七番日記』(文化13年11月)

 一茶が布川にやって来るばかりでなく、月船も度々一茶のもとに訪れていたようだ。

   文化元年二月二十六日

月船と登東叡山

   文化二年二月十日

月船 一白来

   文化二年八月二十日

江戸ニ入 田川一白 布川月船

『文化句帖』

古田月船の墓石


花守りがよその花見る月夜かな

今では古田月船の子孫も分からないそうだ。

 江戸にも其名を知られた古田月船は、一茶が布川に於ける東道の主人であつた。多分は問屋の隠居であらうと、根拠はないけれど私はさう思つて居た。其想像は当つて居たが、是も代替をして子孫はもう残つていない。

柳田國男『利根川図志校訂版』解題

 月船碑の写真を撮っていたら、住職の奥さんが出て来て「お茶でもどうぞ」と言って、お話しを聞かせてくれた。

一茶が布川に度々やってきたのも分かるような気がした。

鶴殺しの松へ。

2005年茨 城〜に戻る