一茶の句碑

光明院〜双樹と一茶の連句碑〜

赤城神社の隣に光明院がある。

光明院


 創建は不詳。赤城神社の別当祈願所であった真言宗豊山派の寺院。山号は赤城山。

境内に双樹と一茶の連句碑、秋元双樹の句碑、秋元双樹の墓などがある。

双樹と一茶の連句碑


豆引や跡は月夜に任す也
   双樹


烟らぬ家もうそ寒くして
   一茶

昭和53年(1978年)10月29日、「第二回双樹忌」にちなんで建立された。

 文化元年(1804年)9月、流山の秋元双樹家で一茶と双樹が詠んだ連句の一つ。「長月朔日」と日付があるが、『文化句帖』によれば文化元年(1804年)9月1日、流山は滔滔たる洪水に見舞われている。

秋元双樹の句碑


庭掃てそして昼寝と時鳥

出典は『株番』

 文化9年(1812年)3月1日、一茶は流山を訪れた。

 3月2日、一茶は目吹村のエンマ堂で美禄2年の石塔が掘り出されたと聞き、流山から十王堂を訪ている。

3月3日の双樹と一茶の連句がある。

翌は又どこぞの花の人ならん
   双樹


川なら野なら皆小てふ也
   一茶


これが双樹と一茶の最後の連句である。

文化9年(1812年)10月27日、双樹没す。29日、双樹葬。

一茶は双樹の葬儀に参加している。

   双樹仏の野送りおがみて

鳴く烏こんな時雨のあらん迚(とて)

「短冊」

光明院に秋元双樹の墓がある。

一茶も何度か双樹の墓に詣でている。

 文化13年(1816年)11月17日、一茶は流山に入り、翌18日に墓参。

十七
 
 流山ニ入

十八
 
 又陰 双樹墓詣

『七番日記』

19日、
布川に入り、夏目成美の死を知る。

平成18年(2006年)4月、流山光住職は桜井市の長谷寺に一茶の句碑を建立。

一茶の句碑に戻る