『奥の細道』北 陸


〜天屋跡〜

柏崎市西本町の国道352号(北陸道)沿いに石井神社がある。


石井神社


延喜式内社石井神社」の標柱があった。

石井神社の西側に「芭蕉奥の細道紀行 天屋跡」の標識があった。


 元禄2年(1689年)7月5日(新暦8月19日)、芭蕉は出雲崎を発って柏崎に着き、低耳(弥三郎)の紹介状を持って天屋弥惣兵衛を訪ねたが、何か「不快」なことがあって出て行ってしまった。

○五日 朝迄雨降ル。辰ノ上刻止。出雲崎ヲ立。間モナク雨降ル。至柏崎ニ、天や弥惣兵衛へ弥三良状届、宿ナド云付ルトイヘドモ、不快シテ出ヅ。道迄両度人走テ止、不止シテ出。小雨折々降ル。申ノ下尅、至鉢崎 。宿たわらや六郎兵衛

『曽良随行日記』

『奥の細道』北 陸〜に戻る