俳 書『しぐれ会』

『しぐれ会』(文化5年刊)


   一座捻香

  「猿も小蓑をほしけなり」とのたま
  ひし、其みのゝ切を伝りもちて、け
  ふの精廟の会式にあふ
摂津兵庫
南無時雨ふるきに蓑をきせ申
   一草

  遠きはいふへくもあらす、沂風
  ・祐昌の三法師連綿して祖廟の勤
  経まめやかなりけるも、一場の夢と
  きへて、わりなくも予、けふの会式
  をつとむるに
  三井
うつり行空や液雨の閼伽の水
   千影

   四来奉納
 平松女
おもはくのまゝを高雄に降時雨(※「雨」+「象」)
   志宇

はつ液雨赤い中なるちから草
   亜渓
出羽秋田
十月の水のうえほと日和かな
   仙風

  翁忌と宗祖会とおなし時日のいとわ
  りなくて、おのか齢もやゝかたふく
  に

枯尾花老みそなはせ斯はかり
   瓦全

十日から三夜目覚けり時雨けり
   尺艾
三河吉田
さつはりとして十月の春そ春
   木朶
武蔵千住
大竹に珠数ひつかけし時雨かな
   巣兆

  過し子の春は重厚比丘往生をとけ、
  去年の冬は祐昌法師打つゝき世をさ
  れは、今は守る人さへなきと聞て

翁忌やおもかけにたつ人多し
   桃甫

豊后杵築
冬籠こもり習て冬しらす
   菊男
遠江浜松
つれなくも日は暮果て時雨けり
   柳也


俳 書『しぐれ会』〜に戻る