芭蕉の句碑山 口


難波津や田螺の蓋も冬こもり

黒嶋観音から若宮神社まで歩く。

下関市吉母の県道245号永田郷室津川棚線沿いに若宮神社がある。

若宮神社の鳥居


鳥居の右手後ろに芭蕉の句碑があった。


難波津や田螺の蓋も冬こもり

出典は『市の庵』(洒堂撰)。

 元禄6年(1693年)夏、浜田洒堂は近江膳所から難波に居を移して「市の庵」を結ぶ。同年冬、芭蕉が洒堂に贈った句である。

  贈洒堂

   湖水の礒を這出たる田螺一疋、芦間の蟹のは
   さみをおそれよ。牛にも馬にも踏まるゝ事な
   かれ

難波津や田螺の蓋も冬ごもり
   芭蕉

若宮神社楼門


拝殿


祭神は品陀和気命(応神天皇)。

若宮神社から吉母冨士が見えた。


吉母から戻るバスは2時間も待たなければならない。

国道191号まで歩くことにする。

芭蕉の句碑山 口〜に戻る