芭蕉の句碑長 野


何に此師走の市にゆくからす

千曲市稲荷山治田町に治田公園がある。


治田公園に「芭蕉翁師走塚」があった。


右に芭蕉の句が刻まれている。

何に此師走の市にゆくからす

出典は『花摘』(其角著)。

元禄2年(1689年)、芭蕉46歳の句。

元禄3年(1690年)1月2日、荷兮宛書簡にある。

越人へ冬申達候。相届可申候。年始無恙哉。歳旦三つ物御家例可レ為と存候。おましの浦に波枕して、めづらしきとしをむかへ候。

      歳暮

   何に此師走の市に行くからす

      都の方をながめて

   菰を着て誰人ゐます花の春

撰集抄の昔をおもひ出候まゝ、如此申候。

芭蕉は湖南膳所で越年した。

臘月に至、膳所に赴給ふ。

 何に此師走の市にゆく烏

『芭蕉翁略伝』(湖中編)

   何に此師走の市に行烏

 此句、師のいはく「五文字の意気込に有」と也。

『三冊子』(土芳著)

『泊船集』には「何をこの師走の市を行からす」とある。

 文化元年(1804年)10月12日、信陽日々齋連中建立。記念集『師走塚句集』刊。

 『諸国翁墳記』に「師走塚 信州更科郡稲荷山在 日々齋卜胤門人中」とある。

 日々齋卜胤は稲荷山元町の人。治田神社神主の子。本名は児玉喬明。加舎白雄の門人。初号巨帆。

文化14年(1817年)8月4日、77歳で没。

治田公園の溜池


溜池のほとりに治田神社がある。


治田神社は延喜式内信濃国四八座中の一社。

祭神は治田大神・事代主神・倉稲魂神。

橋詰公園へ。

芭蕉の句碑長 野〜に戻る