芭蕉の句碑山 梨


目にかゝる時やことさら五月婦し

都留市桂町の国道139号沿いに宝鏡寺という寺がある。


宝鏡寺の参道入口に石碑が集められている。

石碑の中に芭蕉の句碑があった。


目にかゝる時やことさら五月婦し

出典は『芭蕉翁行状記』(路通編)。

元禄7年(1694年)5月11日、芭蕉は江戸を発って上方へ最後の旅する。

 『芭蕉翁行状記』に「箱根の關越て」、『芭蕉翁發句集』には「五月三十日の富士の思ひ出らるゝに」と前書きがある。

文化13年(1816年)、建立。

都留市では円通院の句碑に次いで2番目に古い芭蕉の句碑である。

 芭蕉の句の隣に「此界を離れて寒し富士の山 釈杯度」、側面に「朧夜の明けしらみ見ゆ初さくら 桂樹亭清文」と記されているそうだ。

水田の向こうに宝鏡寺の屋根が見える。


金鼇山宝鏡寺


曹洞宗の寺である。

本尊は釈迦牟尼仏。

貞和2年(1346年)、開山。

 天正17年(1589年)9月28日、徳川家康が立ち寄ったと伝えられているそうだ。

芭蕉の句碑山 梨〜に戻る