芭蕉の句碑神奈川


ほとゝきすなきなき飛ぶハいそかはし

小田原市の城前寺から六本松跡へ。


六本松跡に芭蕉の句碑があった。


ほとゝきすなきなき飛ぶそいそかはし
   芭蕉

人の知る曾我中村やあを嵐
   白雄

出典は『続虚栗』

貞亨4年(1687年)、芭蕉44歳の句。

『あつめ句』に「なくなくとふそ」とある。

六本松跡

 古代千代台地は師長国の府中で、この地方の文化の中心地であったので、西から旅人は皆ここによって、この道を、目指す阪東や奥羽へと向かったと推定(弓削道鏡等)される。

 その後、源頼朝が鎌倉に幕府を開き、上洛や富士の巻狩などにこの道を通り、いまも鎌倉山、将軍山また豪族中村氏がお出迎えした所を「大迎え」などの地名が残っている。

 また、この地の豪族が鎌倉に馳せ参じた鎌倉街道でもあり、阪東三十三観音の5番勝福寺から6番長谷寺に行く巡礼道でもある。

 戦国乱世のころ、京の聖護院准后道興は「答えする人こそなけれ足曳きの山彦山は嵐吹くなり」を詠み、降って元禄のころ、松尾芭蕉は「ほととぎす鳴き鳴き飛ぶぞいそがわし」、門人の白雄は「人の知る曽我中村や青嵐」、その後蕪村も「雨ほろほろ曾我中村の田植かな」と詠んだ。

 この、六本松の地名となった最後の松の大樹は、明治の終わり頃惜しくも長い一生を終わっている。

加舎白雄は芭蕉の門人とは言えない。

白雄の句の出典は『しら雄句集』。「馬門亭」と前書きがある。

中村は曽我の人中村左五兵衛。俳号は馬門

見晴台へ。

芭蕉の句碑神奈川〜に戻る