義経伝説の地


源義経一行逃避之地

岩瀬湯本温泉から国道118号で国道121号(会津西街道)に入る。

国道121号(会津西街道)を今市に向かう。

会津田島の街を過ぎると「源義経一行逃避之地」という石碑があった。


「源義経一行逃避之地」


国道121号(会津西街道)は何度も走っているが、今まで気付かなかった。

 文治五己酉天九月源義経ト共ニ當地ニ落建暦壬申天龍福寺開山ス建保五丁丑天九月初五日八十二戈ニテ死ス渡邉内膳守義政 現在熊野山龍福寺所 持山内北部平垣地に五輪の塔の形がなごりとして残存している

  平成十一年六月 建之

寄贈 久保田保光

 「文治五己酉天」は1189年。文治5年(1189年)閏4月30日、義経は「衣河の館」で妻子と自害したというのが通説。

 戊辰戦争で官軍が会津に攻め入った時、官軍の官軍が熊野山龍福寺に宿泊したそうだ。

今度行ってみよう。

義経伝説の地に戻る