義経伝説の地


武藏坊弁慶大墓碑

卯の花清水からJR東北本線の踏切を渡り、国道4号に出る。


武藏坊弁慶大墓碑


「大墓碑」というだけに、大きい。

武藏坊弁慶大墓碑由来

 文治5年(1189年)、義経の居城高館焼打されるや、弁慶は最後まで主君を守り遂に衣川にて往生す。

 遺骸をこの地に葬り五輪塔をたて、後世中尊寺の僧素鳥の詠んだ石碑が建てられた。

素鳥の句碑


色かえぬ松のあるじや武蔵坊

文化3年(1806年)、素鳥は芭蕉の句碑を建立。

色かえぬ松


中尊寺へ。

義経伝説の地に戻る