2010年愛 知

旧東海道赤坂宿〜芭蕉の句碑〜

旧東海道赤坂宿を行く。


 仁治3年(1242年)8月、『東関紀行』の作者は鎌倉へ下る途中、赤坂の宿を通る。

 矢矧といふ所を立て、宮路山越え過ぐるほどに、赤坂と云宿有。爰に有ける女ゆへ(ゑ)に、大江定基が家を出けるもあはれ也。人の発心する道、其縁一にあらねども、あかぬ別れをお(を)しみし迷ひの心をしもしるべにて、まことの道にを(お)もむきけん、有難くおぼゆ。

   別れ路に茂りも果で葛の葉のいかでかあらぬかたにかへりし


赤坂宿は東海道36番目の宿場である。

「よらまいかん」があった。


休憩所である。

旅籠 大橋屋


 本陣・脇本陣以外の武士や庶民などの宿泊施設を旅籠屋という。

 享保18年(1733年)の赤坂宿は、町裏を合わせて家数400軒のうち、83軒が旅籠屋であった。

 大橋屋は、旧屋号を鯉屋といい、正徳6年(1716年)の建築といわれる。赤坂宿の旅籠屋の中では、大旅籠に属し、間口9間、奥行23間ほどであった。入り口の見世間・階段・二階の部屋は往時の様子を留める。

豊川市教育委員会

本陣跡


 本陣は、参勤交代の大名・幕府の役人・公家などが休泊するところで、一般の旅籠屋とは違い。門・玄関・式台・上段の間などを備えることが許されていた。

 赤坂宿の本陣は、宝永8年(1711年)の町並図によると、4軒あった。そのうち松平彦十郎家は、江戸時代の初期から本陣を務め、人馬継ぎ立てを行う問屋も兼ねていた。

 宝永8年の間取り図によると、間口17間半、奥行き28間、座敷通り422畳で、門・玄関付の立派なものであった。

豊川市教育委員会

関川神社


関川神社に芭蕉の句碑があった。


夏の月御油よりいてゝ赤坂や

出典は『俳諧向之岡』(不卜編)。

延宝4年(1676年)6月、東海道を上る時に詠まれた句。

芭蕉33歳の時である。

明治26年(1893年)12月、芭蕉の二百回忌に花井汲古再建。月之本素水書。

手前に旧碑があった。


 享和元年(1801年)3月4日、大田南畝は大坂銅座に赴任する旅で赤坂宿に泊まっている。

国府町を過て、御油なはての松原にかゝる。左のかたの松に桜のやどり木あり。まないた橋をわたれば、御油の宿なり。問屋場に御秤頂戴所といへる札あり。御油より赤坂までは十六町にして、一宿のごとし。宿に遊女多し。おなじ宿なれど御油はいやしく、赤坂はよろし。


御油の松並木が続く。


   御油

淋しさはどちら向ても菫かな
   菊明

俳諧五十三駅』(安袋編)

2010年愛 知〜に戻る