私の旅日記2011年

「正直親切」の記念碑〜第一日暮里小学校〜

indexにもどる

荒川区西日暮里に東京都荒川区立第一日暮里小学校がある。


第一日暮里小学校に「正直親切」の記念碑があった。


 創立百周年記念

高村光太郎書「正直親切」の記念碑

 「正直親切」の文字は、本校卒業生である高村光太郎の直筆で、昭和26年岩手県山口小学校の児童のためにかかれたものを高村規氏、財団法人高村記念会のご厚意により創立百周年記念碑に使わせていただきました。

 高村光太郎は、明治23年に下谷区練塀小学校から日暮里小学校(当時は、現在の福祉館の場所に校舎がありました)に転校、ここで勉強し小学校を卒業しました。

 その後、彫刻家としてすぐれた作品をつくり、また詩や絵もかき、立派な書を数多く残しています。ここで大切なのは、それらの作品を通して光太郎が人を愛し、自然を愛する人間としての生き方を教えていることです。

 先輩光太郎が心をこめてかいた「正直親切」の文字が、本校に学ぶ児童一人ひとりの心のなかに、いつまでも生き、その成長を支えることを望みます。

「フクロウ」の像は、石彫家飯田雅光氏の作で、本校校歌にもある諏訪の森かげ、みどりの風に≠モさわしい《森の知者》として、一日小の子どもたちのシンボルとなり、永く親しまれることを願っています。

 昭和60年11月9日

東京都荒川区立第一日暮里小学校
創立百周年記念事業協賛会

 明治34年(1901年)5月5日、日暮尋常高等小学校と改称。

 昭和22年(1947年)4月1日、東京都荒川区立第一日暮里小学校と改称。

「私の旅日記」2011年に戻る