2012年滋 賀

願成就寺〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

近江八幡市小船木町に願成就寺という寺がある。


願成就寺の石段


石段を上ると、3基の芭蕉句碑があった。



一聲の江に横たふやほとゝきす

出典は宮崎荊口宛書簡(元禄6年4月29日)。

 元禄6年(1693年)、杉風曽良の勧めに応じて「水辺のほととぎす」を詠んだ句。

 寛政5年(1793年)10月、蕉翁百回忌追遠日に江東竹庵佃房男副墨庵社中建立。



比良三上雪さしわたせ鷺の橋

出典は『翁艸』(里圃編)。

『蕉翁句集』(土芳編)は「元禄三午とし」とする。

明治26年(1893年)、芭蕉二百回忌に無名庵十四世魯人建立。

大津市の芭蕉会館に芭蕉道統歴代句碑がある。



五月雨に鳰の浮巣を見に行ん

出典は『あつめ句』

貞亨4年(1687年)、江戸で詠まれた句。

同年10月25日、芭蕉は江戸を立って「笈の小文」の旅に出る。

『笈日記』(岐阜部)に「露沾公に申侍る」と前書きがある。

『蕉翁句集』(土芳編)は「元禄六酉ノとし」とするが、誤り。

平成6年(1994年)12月、芭蕉の三百回忌に建立。

比牟禮山願成就寺


天台宗の寺である。

 推古天皇27年正月に聖徳太子(48才)が勅を賜り、近江国48箇所の寺を建立、終わりに至り、当寺を開基された。故に願いが成就したとして願成就寺と号された。

 本尊は木像十一面観音立像(重要文化財)では聖徳太子作と伝えられ、榧の一本造である。

2012年滋 賀〜に戻る