2012年滋 賀

芭蕉会館〜碑巡り〜
indexにもどる

大津市秋葉台に芭蕉会館がある。


芭蕉会館の入口付近に「洒落堂記」の碑があった。


 山は静かにして性を養ひ、水は動いて情を慰す。静・動二つの間にして、住みかを得る者あり。浜田氏珍夕といへり。目に佳境を尽し口に風雅を唱へて、濁りを澄まし塵を洗ふがゆゑに、洒落堂といふ。門に戒幡(かいばん)を掛けて、「分別の門内に入ることを許さず」と書けり。かの宗鑑が客に教ゆる戯れ歌に、一等加へてをかし。且つそれ簡にして方丈なるもの二間、休・紹二子の侘びを次ぎて、しかもその矩を見ず。木を植ゑ、石を並べて、かりのたはぶれとなす。そもそも、おものの浦は、瀬田・唐崎を左右の袖のごとくし、湖をいだきて三上山に向ふ。湖は琵琶の形に似たれば、松のひびき波をしらぶ。比叡の山・比良の高根をななめに見て、音羽・石山を肩のあたりになむ置けり。長等の花を髪にかざして、鏡山は月を粧ふ。淡粧濃抹の日々に変れるがごとし。心匠の風雲も、またこれに習ふなるべし。

ばせを

四方より花吹入てにほの波

 元禄3年(1690年)3月、芭蕉が濱田珍夕の「洒落堂」を訪れ草庵を讃えて懐紙に書いたもの。

『白馬』(正秀・洒堂撰)に収録されている。

芭蕉会館の前に芭蕉の句碑があった。


大津絵の筆のはしめは何佛

出典は俳諧勧進牒』(路通編)。

元禄4年(1691年)正月4日、大津で詠まれた句。芭蕉48歳の時である。

昭和39年(1964年)、建立。正風十九世谷口如水筆。

芭蕉道統歴代句碑があった。


俳祖
   旅に病て夢は枯野をかけ廻る
   松尾芭蕉
二世
   重たさの雪構へとも払えども
   広瀬惟然
三世
   つれづれに鳴き出す蛙雨催ふ
   山住興雲
四世
   難波津や芦の葉に置く天の川
   志太野坡
五世
   梅寒し石をあるじに仮の宿
   渡辺雲裡
六世
   かくしても遂に散りけり冬牡丹
   僧沂風
七世
   八朔やかしこき梅の品定め
   菅原重厚
八世
   花鳥に別れてつかへん墓二つ
   森谷祐昌
九世
   鴬の子も啼きつゞく時雨かな
   僧仙風
十世
   走る露あやうくとまる葉先哉
   僧閑斎
十一世
   梅ばかり照らして余処の月くらし
   栃山
十二世
   椎の木に身をはひ出ぬ蝸牛
   矢島蟻洞
十三世
   おもかげやその月花の花扇
   西村乍昔
十四世
   窓あけて比良の秋寂見せ申す
   岡田魯人
十五世
   涼しさの処を得たる小窓哉
   瀬川露城
十六世
   湧く風に要ゆるがぬ扇かな
   小野霞遊
十七世
   春の日のきらめく蘭の葉先哉
   西尾其桃
十八世
   今日よりぞ椎の葉かげの枝蛙
   寺崎方堂
十九世
   人はいさ我は野菊の素を愛す
   谷口如水
二十世
   絶景にのびる玉の緒花の春
   美濃豊月

昭和59年(1984年)6月、正風二十世美濃豊月建立。

 明治26年(1893年)、芭蕉二百回忌に無名庵十四世魯人は芭蕉の句碑を建立。

芭蕉会館の入口に3基の句碑が並んでいる。

谷口如水の句碑


人はいさ我は野菊の素を愛す

美濃豊月の句碑


恙なく年立つ湖の明るさに

寺崎方堂の句碑


   御題のうたを拝して

洋々と年の朝しおたゝえけり

昭和42年(1967年)秋、正風十八世方堂師三年祭記念に建立。

2012年滋 賀〜に戻る