万葉の歌碑
indexにもどる

 『万葉集』巻14「東歌」に「伊香保」の歌が9首あり、それに因んで伊香保町に9つの万葉の歌碑がある。

 伊香保ロープウェイ不如帰(ほととぎす)駅前に「文学の小径」があった。


「文学の小径」


半ば雪に埋もれている。

「文学の小径」の万葉の歌碑も雪に埋もれていた。

 伊香保ロープウェイ不如帰(ほととぎす)駅にある観光案内所で万葉の歌碑がある場所を尋ねると、丁寧に教えてくれた。

 伊香保ロープウェイ見晴(みはらし)駅に万葉の歌碑があるそうだが、伊香保ロープウェイは強風のため運行中止。

「ホテル松本楼」の前に万葉の歌碑があるというので、とりあえず坂を下って行く。


萬葉歌碑


伊香保せよなか那可志け尓(に)思ひどろくまこそ志つ登(と)忘れせ那ふも

萬葉集巻14東歌3419番

解説に萬葉仮名で書いてあった。

伊可保世欲 奈可中次下 於毛比度路 久麻許曾之都等 和須禮西奈布母

解説に意味も書いてあった。

 伊香保にいる背=背の君よ、あなたは、この頃私のところの仲子(なかち)=妹に大変な想いをよせているようですが、私は何時かあなたと一緒に寝たことがある、このことは決して忘れませんよ。

生々しい解説である。

共同浴場「石段の湯」へ。

万葉の歌碑に戻る