織田信長ゆかりの地



本能寺跡

京都市中京区元本能寺南町に本能寺跡がある。


本能寺跡記

 応永22年(1415年)御開山日隆聖人は本門八品の正義を弘通せんがため、油小路高辻と五条坊門の間に一寺を建立して「本応寺」と号されたが、後に破却された、永享元年(1429年)小袖屋宗句の外護により、町端に再建、次いで永享5年(1433年)如意王丸の発願により、六角大宮に広大な寺地を得て移転再建。本門八品能弘の大霊場として「本能寺」と改称された。その後、天文5年(1536年)天文法乱によって焼失。天文14年(1545年)第八世伏見宮日承王上人によって旧地より四条西洞院の此の地に移転、壮大なる堂宇の再興をみた。然るに天正10年(1582年)彼の「本能寺の変」によって織田信長とともに炎上、天正17年(1589年)、この地に再建せんとし、上棟式の当日、豊臣秀吉より鴨川村(現在の寺町御池)の地に移轉を命ぜられる。一山の大衆声を放って号涙すと。因みに本能寺は度々の火災に罹りたるをもって「ヒヒ」と重るを忌み、能の寺を特に「能の右側を去」と書くのが慣わしである。

大本山 本能寺

織田信長ゆかりの地に戻る